恋する空家プロジェクト 恋する空家プロジェクト 恋する空家プロジェクト 恋する空家プロジェクト

空き家情報 No.003 / 米原市伊吹地域

空き家 No.003 / 米原市伊吹地域

山水のせせらぎが響く暮らしに、あたらしい恋をしませんか



関ヶ原で中山道と分岐して木之本へ抜ける北國脇往還沿いの集落。
空が広く、山並みに抱かれ、山水のせせらぎが聞こえてくる。
大きく深呼吸すると、清々しい風がすーっと吹き抜け、心も体もリフレッシュできる。

先代から受け継いだ山のヒノキを贅沢に、ハイカラな邸宅
60年ほど前、茅葺だった旧家屋を解体し、大工さんと相談しながら、こだわって建てた母屋。先代より受け継いだ山からヒノ
キを切り出して、腕の良い職人が隅々まで丁寧に手掛けた。無垢ヒノキの柱は、自然なツヤで美しい!「昔は、柱を糖で磨き上
げたものね」と大家さんが懐かしそうに思い出を語ってくれた。がっちりとした重厚感と木の温もりを感じる、落ち着いた空間
は、何年たっても贅沢で本物の住み心地。繊細な装飾や風合いの木製建具は、今でも寸分の狂いもなくスムーズに滑らかで、見事な職人魂に感嘆するばかり!


間取りは、典型的な「田の字型」ではなく、中廊下を配して座敷と寝間、台所などが仕切られていて、それぞれの部屋を個室と
して使いやすく、生活操船もスムーズ。たっぷりの収納スペースがあり、とても便利なつくりだ。かつては、土間でかまどのあ
る台所だったのを、時代に合わせてシステムキッチンにリフォームしたので、快適にすぐ住み始められるのも嬉しい。


暮らしプラスαの楽しみを実現したい、母屋と小さな分棟
敷地内には母屋のほかに、隠居、小屋、蔵、芝小屋、漬物小屋が建ち、ライフスタイルに合わせてたような使い方が出来そう。
複数の家屋、大きな敷地の守りをするのは大変だけれど、それらをうまく活用したい人にとってはアイデア次第で無限に夢が広が
る。小さな分棟を自由につかって、暮らしプラスαの楽しみを充実できること間違いなし!


ものづくりをする作業場が欲しいひと、

野菜を漬けたり干したり保存加工場が欲しいひと、

畑を耕したいひとには、農具の収納などに小屋はとにかく便利(となりに畑あり◎)、

芝小屋は薪保管に最適(今は灯油だけれど、かつての薪風呂ボイラーが残っている!)、

和洋室の隠居をお店や事務所として使うのも良い。

母屋と隠居の程よい距離感は、気配を感じながら行ったり来たり出来るのが良い。母屋と隠居の間には、小さな前栽も丁寧に手入れされている。
また、外から触接出入り可能なトイレや流しは、野良仕事をライフワークにする人には、とにかく便利なこと受け合い!


山水を生かす暮らし。豊富な清流の最上流
敷地の東側には山水を引き込んだ水路があり、コンコンと水が流れている。「昔は、野菜をあらったり、タライをあらったりしたものよ」と大家さん。
集落の最上流なので、冷たく澄んだ清流を引き込める立地。石段を下ったところには洗い場が合って、とても便利。また、この地域は、米原市の中でも関ヶ原に近く、平地に比べると雪深いけれど、年中豊富な水路は雪どけにも大活躍する。
ちなみに、かつては滑車をりようしたつるべ井戸だったという井戸も現役で、今はポンプで引き上げているので、手軽に生活用水として利用できる。豊富な山水を振るに使える特別感は、この土地ならでは!耳をすませば、清流の音と小鳥のさえずりが響き、とっても癒される。

ただ住むだけでは物足りない!分棟の家屋をつかってライフスタイルを充実させたい方、周辺環境を含めて、ここでの暮らしを楽しめる方にオススメ!!


詳しくは、まいばら空き家対策研究会までお問い合わせください。




この家について


構成 母屋、隠居、小屋、蔵、芝小屋、漬物小屋、ガレージ
敷地脇に水路があり、集落最上流で山水が年中豊富に流れる。洗い場もあって便利◎ガレージには井戸もあって現役
母屋と隠居の間には、小さな前栽がある。
敷地が広く、草刈りの必要あり。
特徴 【檜の白木柱】自分の山から切り出した、檜の白木柱。こんなに立派な材を惜しげもなく用いて職人技が光り、今ではとても立てれない家屋でしょう!
【部屋として使いやすい】
建具で仕切られた田の字型の大座敷ではなく、当時としては、とてもハイカラな平面設計(お兄さんのこだわり)。中廊下を配して、座敷や寝間が仕切られているので、現代の暮らしに合せて、各部屋を使いやすい。
【収納充実】部屋や廊下のいたるところに収納スペースがあって、スッキリ整頓できる。
【外トイレ】勝手口からアクセスするトイレ。外から直接出入りできるようになっている。畑仕事など外で作業する時には、とても便利。
(水洗浄化槽)
【すぐ住める】丁寧に手入れされていて、すぐに住み始められる。
【自家菜園あり】畑が新設するので、やさいづくりにもチャレンジできる。


周辺環境


春照小学校区 道の駅まで車で15分、コンビニまで車で6分、近江長岡駅まで車で10分。
小学校へはスクールバスで登校。
スーパーなど普段の買い物は岐阜方面へ出るほうが便利かも。
家周辺特徴 空が広く、山並みに抱かれ、山水のせせらぎが響き、すがすがしい風が吹き抜ける、北國脇往環沿いの集落。まわりにも、ゆったりとした敷地構えの家が多くて、とても長閑な環境。
関ヶ原にも近く、冬は平地に比べて雪深い地域なので、敷地から通りに出るまでの除雪が必要、除雪機なそ一式はあるので、使ってくださいね、と大家さん


その他の写真はコチラ。写真をクリックすると拡大します。


大家さんはこんな人。

この家をこだわって建てた百姓一筋のお兄さんが、丁寧に手入れをして長く住んでいました。
空き家になって9年目。今は、伊吹地域に暮らす妹さんご夫婦が管理しておられます。「晴れた日には風通しに来るようにしているんですよ、月に一回以上は来ているね」と大家さん。頻繁に通って、隅々まで管理するのは並大抵のことではないはずです。思いを受け継ぎ、大事に手入れされていて、お家が呼吸しているなあと感じました。
集落内には親戚などの付き合いもまだ続いているので、手放すのではなく「賃貸」で住みたい人に貸したいとのこと。この日も、ご近所の方が、たくさんの収穫したての野菜を一輪車に乗せて通りかかると、「そこの川で、里芋やら野菜やらを洗ってきたとこなんや」と、気軽に立ち話が始まりました。
「ただ住むのではなく、ご近所さんとの普段の何気ないやりとりを大事にしたり、助け合いの気持ちを持って、地域の人々と協力して暮らせる方に是非とも住んでもらいたいです」と大家さんは願っておられます。


こんな物件です。

人的環境周辺環境住宅環境

 

取材をしてみて


空き家対策研究会 タケムラ
この日は、見学ツアーに参加してくださった方が多く訪れました。名古屋から車で1時間たらずの距離感で、こんなにも自然豊かな環境でゆったりとしたたたずまいお家に、参加者の皆さんは、深呼吸したり耳を澄ませたりして、良い所だなぁ~と魅力を感じておられました。
ツアーにお合わせて、大家さんが事前にオタクの片づけや掃除、お庭の草刈りなどしてください、本当にありがとうございました。
地域やお家を大事にして、自然の豊かさも厳しさもかみしめて、ここの環境と共存したい方に出会ってもらいたいです。

恋人自慢一覧へ戻る