空き家情報No.015 / 米原市近江地域

空き家 No.015 / 米原市近江地域

包容力と利便性抜群の地域と家に、新しい恋をしませんか

賃貸・売買 売買 価格 要相談 建築希望用途 店舗兼住宅可
空き家歴 平成22年頃〜 すぐ住める度 A 水回り A 付属屋 物置(軽量鉄骨2階建)
オススメ度 A 駐車場 3台程度 おもむき A 便利度 B



幹線道路やインターチェンジ、主要駅にほど近く、利便性抜群!それでいて、豊かな自然を身近に感じる山沿いの集落。
情緒ある建物でありながら、近代的で使い勝手の良さが随所に光る、住み心地の良さを追求したおすすめの日本家屋をご紹介します。

大家族でもOK~部屋数や収納も十分あり!


家主さんが生まれ育ち、結婚後はご主人が大工仕事を手掛けて内装などを改修、大事に「育てて」住み継いできた、愛着のある家。
「子どものころ、お母さんから『味噌汁の具が物足りないから山で採ってきて〜』って言われると、山にトコトコと走っていき、みょうがなどを採ってきて、おいしくいただきました。仏様に供える花を摘んでくることもありましたね」と、思い出話を嬉しそうに話してくれた家主さん。
いまも裏山への登り口がすぐそこにあり、運動不足解消のためのお散歩やウォーキングにちょうどよい。
お母さんとの思い出が詰まったキッチンは、黄色いタイルが可愛らしく、いまも使い勝手抜群。



大きなダイニングテーブルを置いても窮屈に感じないほど広々としたリビング。小上がりの畳の間も家族がゆったりくつろげる大事なスペースだ。
「多いときは7人家族でここに暮らしていました」とのこと。家族で食卓を囲み、思い思いの時間を過ごす場所もあり、賑やかだったころの映像が目に浮かぶ。ここでまた、新たな家族の物語が始まるのを楽しみにしたい。


造作なしの2階、それぞれの個室は確保済み!


2階の一部は造作なしで、太い梁があらわしになっている。この天井を見ただけでワクワク。屋根の勾配に合わせて天井を貼り、素敵なクロスをかけるのも良し、梁からハンモックを吊り下げたらどうかな、スタイリッシュなファンを取り付けたら、冷房効率いいかもね、なんて、新しい部屋づくりへの想像が膨らむ。
2階の個室は造作なしの部分を除いて洋室が3室、納戸もあり、すでに便利。



集落内の景色に心落ち着くひととき

集落の中は、奥に進むにつれ細い道になってくるが、それがまた、のどかな雰囲気を醸し出していて好印象。大きな神社やお寺があり、昔はお祭りも盛んだったとか。
古くからある集落の祭り事や風習は、基本を大事にしながら現代風にカスタマイズして継続されている場合が多い。この地域でも、大事に受け継がれていることはありつつ、誰でも参加しやすく暮らしやすい工夫がされていると家主さんが話してくれた。



母屋の隣には大きな物置と駐車スペース

母屋のすぐ隣には、軽量鉄骨2階建ての大きな物置がある。そのまま農機具を収納したり、改修をして、工房や子どもの遊び場、作業場にするのもいいかもしれない。バーやカフェなどにも利用可能な広さ。駐車スペースも十分な広さを完備。
住み心地が良く、自然豊かな環境、起業するための可能性もたくさん秘められた家。
便利な田舎で、ゆったりと、やりたいことを見つける暮らしはいかがでしょう。




家そのもの。歴史。環境。大家さんの想い。地域。-空き家に恋して、地域に住んでほしい。
それが、恋する空き家プロジェクト。
詳しくは、「まいばら空き家対策研究会」までお問い合わせください。



この家について


構成 母屋、物置(軽量鉄骨2階建)
高台にあり、日当たり抜群。コンパクトで清潔感あり。
特徴 【部屋数多い】広々ダイニングや大きな和室があり、2階には子ども部屋に最適な洋室が3つあり
【2階の一部は造作なし】2階の一部は造作しておらず、立派な棟木と梁の小屋組のまま。開放感を活かして改修したり、個室を増設したり、そのままの状態で物置にしても十分な雰囲気。


周辺環境


都市機能 最寄り駅までは車で約10分。3km圏内にスーパーやドラッグストア、市役所本庁舎、銀行、郵便局があり利便性も良い。
家周辺特徴 小高い里山がすぐ裏手にあり、自然を身近に感じることができる。集落自体がコンパクトなので、路地裏散策をするようなイメージで、いつでも散歩やウオーキングが楽しめる。


その他の写真はコチラ写真をクリックすると拡大します。


こんな物件です。

人的環境周辺環境住宅環境

 

図面

取材をしてみて


カワムラ
山の恵みを毎日食卓で堪能できたり、友だちと日が暮れるまで裏山でおしゃべりしたり、鎮守様のお祭りに浴衣を着て参加したりと、物語に登場するような日常を、この場所ではまだまだ楽しめそうです。しかも、ちょっと出かけようと思えば買い物や病院はすぐ近くで便利。
実は筆者も、この辺でいい物件がないかな〜と探してみたこともありました。取材当日に初めてお会いした家主さんは、ゆったりとお話しくださる、にこやかな女性。「こんな場所でも住んでみてもいいって思ってくれる人にお譲りできたら嬉しい」という。「こんな場所」なんてとんでもない、とても素敵な場所、家ですよ!



恋人自慢一覧へ戻る